ダウンロード販売者たちの図々しさ横柄さ怠慢(円高消費者還元無視)


円高であれば、輸入品が安くならなければならない。ま、日本の場合対ドルに対してなのであるが。
それにしても図々しい連中がいるのである。
それは、欧米のダウンロード商品を取り扱っている連中である。
こやつ等は全く値下げしない。消費者や資本主義、為替を舐めている。

シマンテックとか、マカフィー、Roxioとか・・・。

あるソフトは円高だろうが円安だろうがアメリカのソフトを2万5千円でずうっと売っている。
こんなの許していいのだろうか?

  人気ブログランキング
   この記事が参考になったら、投票お願いいたします。(ジャンル海外旅行)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中