エドワード鈴木設計のゴルチェ代官山店が閉店して


Jean Paul GAULTIER (ゴルチェ)代官山店が閉店したのが2006年だったから、かれこれ10年になろうとしている。エドワード鈴木・設計の建物で代官山に似合っていたがもったいない。つまらない企業がたくさん進出して代官山らしさが無くなって遊びにも行かなくなった。エドワード鈴木氏は都内某飲食店で時々すれ違うな。

ゴルチェの艶のある黒に金でロゴが刻印された下駄や書類入れは実に洒落ていて、思わず買った記憶がある。

その年の10月だったか、総合格闘技の「PRIDE」の記者会見が東京プリンスであり、参加したなあ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中