オイルランタンの灯火


オイルランタンが欲しくなり、デイツの80の銀ニッケル色を買った。



実用性を考えケロシン(灯油)利用とした。灯油は煤が出やすいので芯をしっかりと切り(下図参照)ました。

DIETZ

DIETZ  80

裁ちばさみで切るといいかも

裁ちばさみで切るといいかも

DIETZ NO.80はオプティマスのような加圧式ではなく、シンプルな昔ながらのハリケーンランタンです。
がしかし、光量(この場合もルーメン?)はどうかといえば、このタイプの中では最も明るい部類に入ります。
調整も簡単(動画参照)です。
ホヤが煤けてしまったのなたば、バーボンを傍らに置き、灯油をティッシュやウェス(ボロ布)に少しつけて暖炉に当たりながら磨きけば気分はもうアーリーアメリカンですよ。ホヤ磨きも愉しみのひとつです。

防災非常用にも趣味にも灯油ランタンはいいですよ。DCIM0352
DIETZ NO.80 BLIZZARD NICKEL
ハリケーンランタン大型デイツ80銀ニッケルオイルランプ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中