家中「日本の淡水魚水族館」計画?


ガサガサ

ガサガサ

今年の4月、家族でキャンプ場で魚釣りをしてイワナの塩焼きを食べました。
こういうのは子供は喜びますし、パクパクと魚を食べるようになりました。

今年の5月の終わり、息子と妻とヒメマスを釣ったりして、我が家は俄かに釣りブーム。

6月、突然ナマズを捕まえたいと息子が言い出しました。

でも、子供の頃は東京から越谷の小川までやってきて、タナゴを捕りまくったくらいで、大きな魚は小学5年の頃、今は東京電力に勤める友達とリールでライギョ、ナマズ、ブラックバスを狙ったが一度も釣れたことがない。

その間スルメと割りばしと糸でザリガニは採ったり、銀座で食ったりはしたけれど。ブランクありすぎ。

100円ショップへ行って釣り竿と網と蓋付きのバケツを買ってみた。安いなぁ。

餌は上州屋の九ちゃんの練り餌。安ければ何でもいいやという、安易さ。

一応、針や仕掛けを大中小と何種類か買っておく。

事前に本などは買わず、全てネット検索で調べる。

で、群馬へ。ペットボトルとウエットティッシュと道具を持って、池、川の水で餌を練り釣り糸を三人で垂れる。すぐに妻がオオクチバス、子供が70センチはあろうかという鯉、私はブルーギルと釣れまくる。

侵略的外来種は扱いが面倒で即リリースはいいが、
条例で規制されているケースがあるようです。その場で殺すしかないようでもあります。

フナや鯉はどうしよう・・・。入りきらないので、近所の100円ショップでバケツを追加。

魚屋さんで大きな発泡スチロールをもらって、エアレーションを買って飼うことに。なんだかやばいな。

それにしても、日本ナマズの釣り方がよくわからない。

家に帰り日を改めて、生餌のミミズを義父と採りに行きました。ミミズ採り面白いですね。「あちこちでドバドバ採れるドバミミズ」なんちって。

で、今度は小さめのナマズを狙おうと仕掛けを作って池や川に沈めて見ましたが採れません。

またまた日を改めて、今度はガサガサというのを網でやりまくりした。ダメならヤフーオークションで買えばいいやという時、オタマジャクシのようなちびナマズを捕まえ飼いはじめました。はじめはユスリカの幼虫の赤虫を一日二回朝と夜に与えどんどん大きくさせました。

つづく。

 

広告