旅する甲斐犬


山、海、雪山、川、都会、ど田舎、外、家の中、一階、2階で育てています。

どこにでも喜んでついてくるけど、image1どうなるんだろう??

広告

ひっつき虫、オナモミ(葈耳、巻耳)探し


いやはや無いもんですね。ひっつき虫と呼んでいたオナモミ

dav

学校帰りもぎ取って前を歩く子に投げつけたり、犬が散歩から帰ると体中ひっつき虫が付いてるー、こらーっと叱ったり騒いだり。2007年8月、環境省のレッドデータに絶滅危惧II類 (VU) 絶滅の危険が増大している種に記載されてしまっています。いつの間にやらがんもー(蒲の穂)などとともにただただ寂しく急速に減少しています。

息子の通う学校には今や理科というのが無く生活という学科でひっつき虫を持ってきてごらんなさいよと言われたようで、心当たりあったので渡良瀬川の町村界隈へ。写真はその付近のモノですが場所は伏せさせていただきます。で漸く見つけました。除草剤を農家の方々が撒かれるようでなんとか細々と3茎、生息していたのです。こんなにも大変だとは思いもしませんでした。

昔を振り返り、気づいてみれば、東京の空き地からカマキリが消え、東京から越谷へタナゴ獲りをしに通ったりガマの穂を風上から風下の奴らに解し乍ら浴びせたり石焼きイモやおでん屋の屋台が消えてゆきコンビニとファミレスばかりになってテーマパークだらけになり、武蔵野の自然、風土、文化が画一化され消えて行ってしまいました。いいのかな?こんなんで。日本の自然を壊したということは犯罪な筈ですよね?昭和天皇が仰しゃったそうです。「雑草という名の草はない」と。

切ない秋の夕方でした。

そうそう、今では自然イベントなどでオナモミダーツなども行われたりしているようですよ。

スキーグローブ 子供(キッズ、ジュニア)用通販のサイズについて


スキーのグローブ(手袋) キッズ、ジュニアが通販されていますがサイズの表記が極めて解りづらい。

その前にフェニックスは中国の軍門に下ったんだ。使いにくいホームページと探しにくい情報は悪意にすら感じた。以前子どものスキーグローブを買ったが子ども曰く、手の甲が痛くなる手が冷たくなるということで、ここは却下する。

子どもが気に入っているのはデサント、モンベル、ロイッシュ(REUSCH)。 モンベルのはスキーグローブではないがスノータイプで非常に柔らかく手が動かしやすい。

通販利用時の参考程度にロイッシュ(REUSCH)のサイズについて同じ質問を大手の販売会社の大阪タナベスポーツと発売元のUVEXの方に訊いてみました。回答は次の通り。

UVEXさん

REUSCH キッズ、ジュニアグローブのサイズの目安ですが、

下記のようになります。

キッズグローブ

Ⅰ  2~3才

Ⅱ  3~4才

Ⅲ  4~5才

Ⅳ  6~7才

ジュニアサイズ

4  ジュニアSサイズ (小学生低学年)

5  ジュニアMサイズ (小学生中学年)

6  ジュニアLサイズ  (小学生高学年)

上記はあくまでも目安になります。

可能でございましたら、実際にご試着されることをお勧めいたします。

基本的にはグローブは握りに差し支えない程度の大きめをお勧めしております。

(グローブ内の空気量が多ければ多いほど手は冷えにくくなります。)

タナベスポーツさん

ロイシュの7.5は大人のSサイズほどの大きさになります。

大体ですが、ジュニアの場合は下記サイズと対象年齢になります。

1、KS、1-2歳
2、KM、2-3歳
3、KL、4-5歳
4、JS、6-7歳
5、JM、8-9歳
6、JL、10-11歳

ご参考にして頂ければと思います。

 

とても親切に回答いただけましたが、通販ページや製品のページに表記を載せることは出来ないのでしょうかね??

 

雨雲レーダーが案外と不正確


雨雲レーダーや天気予報が曇りなのですが雨が降っていることが最近多く不正確なのかなぁという疑念。

で対策というか降水確率で30%となっていて曇り予報の時はまず雨が降ることが多いと判明しました。一助になればと思いきしておきます。

有益そうな記事


数多(あまた)ある記事の中で役に立ちそうで面白ものにはなかなか出会えません。あまり気分が悪くなるようなものもネットサーフィンでは退けたくなります。

最近見つけたいくつかをどうぞ。

暮らしを変えた立役者 日経に掲載されているシリーズです。

・シンクタンクのニッセイ基礎研究所 が様々なテーマで情報発信してくれています。お好みでどうぞ。メルマガも申し込めます。例)AI(人工知能)と雇用

地震情報検索は地震に特化しています。

・昔からの災害の言い伝えです。総務省の全国災害伝承情報

また何かあれば追加します。

車が古くならない


2009年の7人乗り4WDが17万キロになりました。車検時、以下のモノを施しました。

足 スタビライザー

リンクロッド ボールロッド 2100 +4020

ディク 後ろ 4000 7590

ワイパー 2200

バックランプ  LED片方がチカチカ

ギアオイル
トランスファー オイル
ラジエーター キャップ

バッテリー/前回ACデルコ/今回日立(計測14.0V)9000円に 4年で交換 車検の日に突然終わりました!!はうちの車の最近の大きなバッテリーは予兆もなく突然終わるようですね。もっと新しいのはアクアなどに積まれている小型のもので価格は2万を超えるようですね。別のケースですが、セルモーターコンコン叩く技も教えてもらいました。

最近ではコーティングはやめて簡易コーティング例えば、PROSTAFF(プロスタッフ) コーティング剤 CCウォーター200 のセット

などとにかく安いものを洗車後ササッと吹いて拭き取り。窓以外のライト類にも施工して済ませています。以前はコーティングやワックスに拘ったんですがねぇ。時間がもったいなくて。 

ま、車が中身も見た目も長持ちしてなかなか古くならないし調子いいし、トヨタの飽きる車も困ったもんではあります。