ヘビに起きたこと


榧木をよじ登り奴がやってきた。

黒いヘビだ。鳩の卵を狙っている。

線香を焚くと奴はそろりそろりと樹を降りてゆき、いなくなっていた。

あくる朝、雛がかえった。

奴は忘れてはいなかった。

やはり、執念深いのだな。

榧木を登り奴はやってきたようだった。

私が気付いた時には雛は巣におらず、喉元を膨らませた奴がぬらぬらそろりと降りてゆくところだった。

テントウムシが飛んできて奴の目玉に張り付いて止まった。

奴は一瞬止まって樹から落ちた。

不思議な榧木の生えた庭で黒いヘビはそのまま秋になっても動かず、やがて土になった。

COVID-19 新型コロナウイルス 日本の良識 スイスの良識


COVID-19 がインフルエンザより圧倒的にやばいという証拠動画。

設定を日本語字幕にすると恐怖が伝わります。

 

学校が休校だー。

イベントがー。学童が―。金が―。と、騒がしい状況です。

日本とスイスの良識ある科学的、政治的、経済的な記事を見てみると心は落ち着きます。下手な批判や発言も斬新で抜本的な意見がない限りは少なくなると思います。

立場のまったく異なる2人の専門家が国会に

新型コロナウイルス スイスの状況Q&A

岩田健太郎「非科学的なコロナ対策が危ない」

感染者マップ

プロボースしたことあんの?されたことあんの?


職場の部下が結婚を申し込まれそうなのだという。

近い将来、退職することになるかもしれないという。

22才の女だ。器量も良い。おとなしい。至って真面目だ。仕事もテキパキと覚え容量もいい。

クルマの免許は持っていなかったが、苦労して最近取得した。

結婚したら遠くに住むので退職するしかないという。

ふと、自分のことを思い返す。

26才の時、結婚がが決まった年上の相手に長々と手紙を書いて、「ちょっと待った」をしたことがある。自分がどれほど貴女のことを思い誠実であったか、幸せにできるかをしたため、一発逆転を考えたのだ。その日は突然やってきて青山のレストランで食事をしながら

 

つづく

もうすぐ日本がオワルかも 経済・防衛


先進国から転落する秒読みが始まりました。

30年、経済が伸びないのです。

バブルの清算が出来なかったのです。国(官僚)はソフトランディングという言葉のマジックを使い、売春を援助交際というような言葉で置き換えましたが、これはやはり責任回避しただけでした。構造は改革できなかったのです。

そもそも、バブルとは金の先取り未来の先取りだったようです。

そして、この30年で日本の産業は終わりました。

国(官僚)は人口問題少子化、高齢化だと言いますが嘘らっべです。どこに金が回っているのかというと公務員と闇社会です。

これらは繁盛しています。そして政治屋は食うために議員になっているので、これらを改革できません。もう詰んでいるのです。

各国のGDP推移 (1995年を100とする)
データで見るとこんな感じです。

1995年 → 2015年
中国  100  2001.56
韓国  100  322.14
米国  100  301.71
英国  100  298.35

日本  100  99.31

1997年=100とした場合の「実質賃金指数」で見た場合、(2016年現在、OECDのデータを基に全労連作成)。

・スウェーデン……138.4
・オーストラリア…… 131.8
・フランス……126.4
・イギリス(製造業)……125.3
・デンマーク……123.4
・ドイツ……116.3
・アメリカ……115.3
・日本……89.7

防衛の方はといえば、日米安保があるが

現在、中国は日本に照準を当てた東風21や26など数百発の核ミサイルが向けられているという。アメリカの議会が賛成しない限り大統領が何を言っても日本を守らない可能性が高い。これは確認できた限り1971年(キッシンジャー、周恩来会談)以来変わっていない。

将棋じゃないんだからやり直せません。そして誰も責任を取りません。

詰んでいます。私は終わったと判断しているのです。

 

新元号 令和 にAI破れたり


元号が「令和」になりました。4月30日、退位の日を経て5月1日の即位の日に改元されます。

3月31日時点でAIは新元号を「仁愛」と予想しましたが、AI破れたり。

AIは「仁愛」以下、「文功」「功永」「武功」「日安」「文喜」「日愛」「功賛」「功賞」「功易」の順に予想した。2月末時点での予想は「功良」とのことですが、AI破れたり。

しかもこの度は初の国書「万葉集」からの引用となりました。

「初春(しょしゅん)の令月(れいげつ)にして、気淑(きよ)く風和(やわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉を披(ひら)き、蘭は珮後(はいご)の香(こう)を薫(かお)らす」

初春令月 気淑風和

天皇の退位による改元としては、光格天皇の「文化」から仁孝天皇の「文政」に改元された1818年以来、約200年ぶりとなるようです。

因みに平成発表の時には学者が平成という言葉にはマイナスの意味もある、確か「経済的に成長をしない」みたいなことを言っていた記憶がありますが今回はそういった声は今のところ聞こえてきません。

 

もう一つおまけに平均株価は14:07分現在+295.68となっておりました。為替には影響は感じられませんでした。

 

加筆Google AssistantとAmazon Alexaは、新しい元号は「令和」だと答え、Clovaについては、公式Twitterアカウントが「現在Clovaに教えているので、お答えできるようになるまで今しばらくお待ちください」とアナウンス。、Siriは「新しい元号については、日本政府のホームページ等でご確認ください」と回答。いずれ対応するでしょうが。

ひっつき虫、オナモミ(葈耳、巻耳)探し


いやはや無いもんですね。ひっつき虫と呼んでいたオナモミ

dav

学校帰りもぎ取って前を歩く子に投げつけたり、犬が散歩から帰ると体中ひっつき虫が付いてるー、こらーっと叱ったり騒いだり。2007年8月、環境省のレッドデータに絶滅危惧II類 (VU) 絶滅の危険が増大している種に記載されてしまっています。いつの間にやらがんもー(蒲の穂)などとともにただただ寂しく急速に減少しています。

息子の通う学校には今や理科というのが無く生活という学科でひっつき虫を持ってきてごらんなさいよと言われたようで、心当たりあったので渡良瀬川の町村界隈へ。写真はその付近のモノですが場所は伏せさせていただきます。で漸く見つけました。除草剤を農家の方々が撒かれるようでなんとか細々と3茎、生息していたのです。こんなにも大変だとは思いもしませんでした。

昔を振り返り、気づいてみれば、東京の空き地からカマキリが消え、東京から越谷へタナゴ獲りをしに通ったりガマの穂を風上から風下の奴らに解し乍ら浴びせたり石焼きイモやおでん屋の屋台が消えてゆきコンビニとファミレスばかりになってテーマパークだらけになり、武蔵野の自然、風土、文化が画一化され消えて行ってしまいました。いいのかな?こんなんで。日本の自然を壊したということは犯罪な筈ですよね?昭和天皇が仰しゃったそうです。「雑草という名の草はない」と。

切ない秋の夕方でした。

そうそう、今では自然イベントなどでオナモミダーツなども行われたりしているようですよ。